>TOP >ls >page

HAPPINESS/夏:1

作品トップ 次頁


「空は遠く、遥か彼方まで澄みわたっていた。こちらとしては何一つ望んでいないのにもかかわらず、雲の欠片すら見当たらず、太陽が嫌らしいくらいに存在感を誇示している。風の一つでも吹いてくれるならまだしも、わずかな空気の淀みすらない。これはまさに……」
「長ったらしい説明はいいから、何が言いたいのさ」
「端的に今日はくそあちいということを表現したかっただけさ」
「あのね、全然端的じゃなかったから。端的っていったら普通二十文字くらいで終わるはずなのに、君は途中でこっちが遮ったところですでに百十字超えてたんだから」
「……人の喋った言葉の文字数を数えるなんて、キミも変人だねえ」
「否定はしないけど。というか、も、ってことは君にも変人だなって自覚はあったんだね」
「失礼だな。自覚がなきゃただの馬鹿だ。自覚があればこそ、変人として成り立つわけだよ。わかるかい?」
「特にわかりたくもないけど、まあ、暑いということに関しては同意するよ。なんたって……夏だしね」

 隣を歩く変人の言うとおり、空は嫌になるくらいに真っ青で、太陽の光を遮るものは見当たらない。焼けたアスファルトの放射熱も加わって、道路の上は異様な暑さとなっている。靴底からも熱が伝わってきそうな勢いだ。

「排気ガスにまみれないだけ、東京よりはましだとは思うけど」
「ふん……どうせここはどがつくほどの田舎だ。こんな無駄な広域農道通したところで、利用するのは近所のおっさんのトラクターだけだしな。典型的な無駄遣いというやつさ。まったくもって馬鹿らしい。引っ張ってきたのはうちの曽祖父だけどな」
「地元にハコモノを引っ張ってくるのが政治家の宿命だった時代もあったんだよ。いや、今でも続いてるのかな」
「馬鹿馬鹿しい。道路だ新幹線だと言う前に、もっと大事なことが身近にあるのにな。わかってるくせに、目を向けないか全てを否定するだけか。老害といううまい言葉を考えた奴には金一封送りたい気分さ」
「お、おい、いくら君でも、あんまり人の悪口を言ったら……」
「構いやしないよ。どうせ誰もいないし、いたところで告げ口できるような根性持った奴はいないさ。むしろいてほしいくらいだよ」

 真上から水平方向へと視線を下げてみたところで、青から緑へと色の構成が変化しただけで、一色限りの光景であることに変わりはない。一面、緑色に染めあげあれた田んぼばかり。両脇の山の麓まで家すら見当たらない。

「だいたい、なんでこんなくそ暑い中を歩こうと思ったんだい? せっかく冷房が効いた室内で惰眠を貪っていたというのに」
「あのね、そんなこと言われるとさすがにへこむよ……」
「冗談だよ。いや、なんでこんなくそ暑い中以下略に関しては本当に疑問に思っているのだけど」
「ただなんとなく歩きたかったから、じゃだめかな」
「……いいよ。キミらしくて実にいい」

 久しぶりに歩く田舎道だった。春休み以来だから、約半年ぶり。半年といったら大したことないような気もするけど、こっちとしては長い期間にしか思えない。それで昨日東京から帰省してきて、早々にボディプレスを食らった挙句色々と挨拶回りや怒涛のトークタイムをこなした為に気力体力その他もろもろを使い果たし、本当は昨日のうちに済ませておきたかったことを今日している、というわけだ。

「それで、これはどこに向かっているんだい、って聞くのも野暮かな。第一、ここでは行くところなんて限られているしね」
「君の想像通りの場所さ。せっかく帰ってきたんだから、十回は行っておきたいんだ」
「そこは普通一回と言うところだと思うけど、まあいいか」

 それっきりで会話は止まり、黙々と目的地まで進んでいく。だからといって沈黙が苦しいわけじゃあない。半年前の帰省時も同じように黙ったまま同じ目的地まで歩いてるし。もっと前には、こんな出来事をしょっちゅう作り上げていたし。
 段々と川のせせらぎが、一時の清涼感を携えて耳の中に飛び込んでくる。わずかに体感温度も下がった気がする。

「そういえば妹さんは元気だったかい?」
「大荷物を抱えて玄関くぐった瞬間にフライングボディアタックをしてくるくらいにはね」
「ははっ、相変わらず愛されてるねえ」
「パワープレイでの愛情表現されてもね。それよりも、この半年間に会わなかったのかい?」
「会うことはあるさ。狭い場所だしね。だけど会うことと会話をすることは別問題」
「……やっぱ、アレ?」
「アレ。こればかりはどうしようもないこと」

 道の端に設けられた古い階段を降りていくと、小さな小川に出くわす。草木の緑に囲まれた狭い谷の底、上流の山々から生まれでた冷たい清水が岩肌を伝っていく光景。見るだけでマイナスイオンを感じるこの地が、地元で一番好きな場所だった。
 階段が草木のカムフラージュに隠れているためか、地元民といえどもここを知っている人はあまりいない。少なくとも小さい頃に見つけて以来、ここに来ている間で、今横で川の流れに手を突っ込んで涼を取っている人間以外に出くわしたことがない。素敵な場所で、且つ人気のない場所。絶好の隠れ家だった。

「本当にキミはここが好きだね」
「向こうじゃこんな光景は金出すか時間かけるかしないとお目にかけることができないからね。単純に好きだってのもあるけどさ。君は嫌いかい?」
「まさか。嫌いだったらついてこないよ。ここは好きさ。これだけ閉鎖的で反現代的な場所の中で、唯一といっていいほどね。ここは落ち着かせてくれる。いろんなことでささくれだった心を、ね」
「……同意」

 二人並んで、ひときわ大きな岩の上に腰かける。広域農道ではまったくなかった風も、ここだと流れに乗って頬を撫でてくれる。大きな木々の葉にも太陽光を遮られたこの空間は、安直な表現だけど天然の冷蔵庫となっていた。時折、頭上から鳥たちのさえずる声も降ってくる。

「ここは好き。だけどそれ以上に居たい場所があるんだ」

 そんな中で。一瞬の静寂を経て、普段見せない十九という年相応にか弱い表情を浮かべ、彼女はいつもの台詞を口にした。

「私は、キミの傍に居たい。こんな淀んだ奴らしかいない場所じゃなくて、どれだけ排気ガスまみれで空気が汚いとしても、東京で生活しているキミの元へと逃げたい。ただそれだけなんだ……」

 上を見上げる。萌えるような緑色の隙間から見える空には、未だに雲一つ見つけることができない。
 幸せが、見えない。

「……あと半年、あと半年の辛抱だから……」
「うん、うん……」

 今の僕には、そっと抱きしめて口付けを交わすことしか出来なかった。


作品トップ 次頁